歯垢・歯石の違いについて

こんにちは。稲毛駅前鈴木歯科医院の多田です。

 

今回は歯垢と歯石の違いについてお話します。

歯垢と歯石はどこが違うのか?

簡単に説明すると、歯磨きで落とせるのが歯垢で

歯磨きだけでは落とせないのが歯石です。

歯垢とは、白くてネバネバしたもので、

食べ物のカスや歯の垢ではなく、細菌の塊です。

歯垢の段階では歯磨きで取り除くことができますが

やがて歯石に変化すると歯磨きでは取り除けなくなります。

歯石とは、歯垢が硬くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液の中のミネラルと結合して

硬くなってできます。

「石」という字の通り歯石はとても硬く

いったんついてしまった歯石は歯ブラシでは取ることができません。

放置すると歯石はどんどん硬くなり、増え続けます。

歯石の表面はデコボコしているために歯垢が付きやすく

細菌の温床になるばかりではなく歯肉を刺激して

歯周病の原因となったり、歯周病を悪化させます。

 

気になる方は、ぜひ検診に行きましょう。

スタッフ一同、ご来院をお待ちしております。

 

鈴木歯科医院ブログ