子供の虫歯

こんにちは、稲毛駅前鈴木歯科医院で歯科医師をしております安田と申します。

皆様は大人の虫歯に比べ、子供の虫歯には特に注意が必要だということをご存知でしょうか?本日は子供の虫歯に注意する点についてお話します。

 

・虫歯で変色しにくい

  永久歯の虫歯は茶色や黒といった着色が見られることが多いですが、乳歯の虫歯は色が変わらず白いまま軟化(虫歯に侵食される)することが多いため、見た目で判断できないことがあります。

 

・痛みに鈍感である 

  子供の歯は感覚器官が発達していないため「痛み」として感知できず、知らない間に虫歯が進んでしまうことがあります。

 

・進行がはやい

  乳歯は永久歯よりも石灰化が未熟なため歯質がやわらかい状態にあります。そのため虫歯の進行速度も極めてはやいものとなります。

 

以上のように、子供の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて不利な点が多く、発見が遅れてしまうことが多いのです。

 

お子様のお口の中で気になることがある方は、当院までお越しください。

 

鈴木歯科医院ブログ