歯周病とアルツハイマー病

稲毛鈴木歯科医院の鈴木祐輔です。
風薫る爽やかな季節となりまし た。皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

みなさまは歯周病がアルツハイマー病の一因であることをご存知でしょうか?

日本大学歯学部の落合邦康特 任教授らの研究によりますと、歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」などが作る酪酸が細胞内に取り込まれると、「鉄分子」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」が過剰に作り出され、細胞に酸化ストレスを起こし壊してしまうそうです。

歯周病患者は、歯周ポケット から、健康な人の10~20倍も酪酸が検出されるそうです。歯周病患者が長期間に渡り酪酸を作り続ければアルツハイマー病を引き起こす一因になることは十分に考えられるとのことです。
鈴木歯科医院ではアルツハイマー病の一因であるといわれる歯周病の治療を内科的にアプローチすることも可能です。

歯周病でお悩みの方はぜひ一 度当院までご相談ください。

鈴木歯科医院ブログ