麻酔の痛みについて

稲毛駅前鈴木歯科医院の歯科医師の松尾です。

 

虫歯の治療や抜歯など歯医者の治療において欠かせない局所麻酔ですが、痛くて嫌だと感じる患者さんも多いと思います。

当院ではできるだけ麻酔での痛みを感じさせないような工夫をいくつか取り入れているのでご紹介します。

 

まず、麻酔をする際の痛みには二種類あり、針が刺さるときの痛みと麻酔液が注入されるときの痛みがあります。

 

注射による局所麻酔の前には必ず表面麻酔という塗る麻酔を行います。

さらに、当院では細い注射針を採用しております。

これらの対策により、針が刺さるときの痛みを軽減させています。

 

また、当院の局所麻酔は電動の注射器を用いています。

手用の注射器では注入圧が強くかかりすぎてしまうことがあり、そのことによって痛みが生じてしまいます。

電動の注射器であればゆっくりと一定の速度で注入されるため、麻酔液が注入される痛みを抑えることができます。

 

患者さんが治療中にできるだけ不快な思いをさせないような治療を心がけております。

どうしても痛みが怖いという方は静脈内鎮静麻酔という気分をリラックスさせて行う麻酔も当院では導入しておりますので、お気軽にご相談ください。

鈴木歯科医院ブログ